社内のコミュニケーションの円滑化を支援するシステム

男性

ワークフロー

グループウェア機能の中にワークフローがあります。これは、パソコン内で各種届や申請書類の作成、申請ができます。そのため、社内の申請業務のペーパーレス化が可能です。定型業務をワークフローにするだけで、進捗が見えるようになり業務を効率化することができます。申請者のメリットとして、書式が簡単なので目的のテンプレートを選ぶだけです。また、誰がいつ承認したのか申請がどこまで進んだのが一目でわかります。承認者のメリットとして、承認ステップごとにコメントを残すことができるので、承認の判断がしやすくなります。スマートフォンでの対応も可能なので、出張先や外出先でも見ることができます。

安否確認

地震や台風などの緊急時や災害発生時に、社内部署ごとに安否確認のメールを一斉配信ができる機能があります。このシステムは、災害の中でも問題なく使えることを考慮して設計を行っています。メールの一斉送信は、社内の防災管理者が送りましょう。外出先や出張先で災害が起きても、スマートフォンを使って安否確認メールを一斉送信できます。安否確認メールを受信した社員は、安否確認専用覧にコメントを入力します。入力したコメント覧は、登録した社員全員で見ることができます。そうすることで社員の状況をリアルタイムで確認ができます。

勤怠管理

勤怠管理機能では、「出社、外出、戻り、退社」の打刻データを記録や集計できます。ただのタイムカード機能の役割だけではなく、各種の勤怠届や毎月の締め処理集計まで対応するので、勤務管理業務の効率化が図れます。使い方は簡単で、パソコンやタブレットをクリックするだけで出勤、退勤、休憩の打刻ができます。社員の打刻もれや出勤状況、月の残業時間など1つの画面で確認できるので、毎日の勤怠管理に非常に役に立ちます。また、社員の有給休暇の日数の管理ができ、時間単位や半日単位での取得にも対応しています。

人気のチャットアプリランキング

no.1

仕事使えるビジネスチャット

メールや電話、ミーティングよりも気軽にコミュニケーションがとれることから、さまざまな企業で導入されています。テキストでのチャットや画像、動画ファイルを簡単に共有できる機能があるので、企業では1番人気のチャットアプリです。

no.2

IT企業で使えるチャットアプリ

IT企業を中心に使われているアプリは、海外アプリのためすべて英語です。テキストや動画ファイル、画像なども簡単に共有することができます。また、プログラムのソースコードが色分け表示されていて、見やすい点がエンジニアに受けている理由の一つです。

no.3

携帯端末に入っているアプリ

携帯端末に標準でインストールされているアプリは、無料でやりとりできるので人気があります。メッセージをやり取りのほか、ビデオチャットや音声通話の機能が魅力です。

no.4

社内の共有管理ができるアプリ

社内の共有管理ができるアプリは、チャットや掲示板、ToDo管理、カレンダー機能が付いた無料のコミュニケーションツールです。SNSのようにいいねボタンが付いているのが特徴です。そのため、チーム内で仕事を行うことが多い職場に人気のアプリです。

no.5

チャット風メールアプリ

新しいツールを導入するアプリは、使い方をマスターしなければいけないので覚えることは大変です。既存のメールを利用した、メールをチャット形式で表示することができるアプリです。外出が多い営業職の人に、人気のアプリです。

チャットアプリを活用して作業の効率アップ

チャットツールは、プライベートだけではなく、ビジネスシーンでも利用されることが多くなりました。主にIT業界を中心に利用者が増えています。社内にあったチャットアプリを導入して、作業の効率化を目指しましょう。

社内のコミュニケーション

社内におけるコミュニケーションと言えば、電話とメールで行われることが多いです。しかし、最近はビジネスチャットアプリを導入してチャットでやり取りすることが増えてきました。ビジネスチャットは、レスポンのスピードが格段にあがることで、社内において必要不可欠と言えるでしょう。

[PR]
チャットアプリの導入
活用事例を調べよう

[PR]
安否確認のシステムをチェック
導入事例を確認しちゃおう

広告募集中