もしもの時のために!安否確認システムの必要性とは

社員や家族の確認で安心できる

安否確認のシステムは、災害時の時に社員や家族の安否確認状況を確認するためのシステムです。急な災害な時は、騒ぎでバタバタしてしまいます。みんなの安否を知りたいという方は、安否確認アプリを導入してみましょう。ここでは、安否確認の中で人気のあるアプリをご紹介します。

安否確認の人気アプリランキング

no.1

防災アプリ

地震や津波、洪水などの急な災害をすばやく通知してくれるツールです。アプリから安否確認ができるので、災害時でも電話やメールに頼らないで連絡ができるので、1番人気があります。

no.2

避難サポートアプリ

災害の時に、すぐに地図を見ることができるので避難サポートに役立つアプリです。近くの避難所やトイレ、給水地点の場所も表示してくれるので、災害時にこのアプリがサポートしてくれると人気があります。

no.3

企業向け災害アプリ

災害が起きた時、会社と社員を守るアプリです。安否確認や対策指示など企業向けに作られています。初期費用が無料なので、試しやすいと人気があります。

no.4

家族の安否確認アプリ

もしも災害があった時に、家族の居場所と安否確認がすぐにできるアプリです。グループチャットが導入されているので、家族同士で情報交換ができます。地震の多い地域に住んでいる方に人気があります。

no.5

位置検査アプリ

位置検査アプリを利用するには、2台以上のスマートフォンにインストールする必要があります。グループ同士の現在位置がすぐわかるので、家族同士でインストールすれば、所在確認に活用できます。連絡がとりずらい状況になった時でも、このアプリがあればすぐに連絡がとれると人気があります。

もしもの時のために!安否確認システムの必要性とは

オフィス

担当者の決定

安否確認システムを運用する時は、システムのIDやパスワードを管理する担当者を決めましょう。一般的に企業内で危機管理を担当している人が管理者になりますが、その担当者が被災するかもしれないので、複数の担当者を端末から利用できるようにしましょう。

定期的なテスト実行

安否確認のシステムを導入しても、初めて使用する時に災害が起きては意味がありません。このような事態になってしまったら、パニックになり、安否確認ができないことがあるので、定期的にテストを行いましょう。

システムの管理と準備

安否確認のシステムを導入したら、日頃から内容を確認して触っておきましょう。もし災害が起きても、日頃から触っているシステムであれば、慌てることなく操作ができるはずでしょう。

システム導入は早めにしましょう

担当者の決定や定期的なテスト実行、システムの管理と準備を押さえていれば、安否確認のシステムはしっかりと効果を発揮できます。災害はいつ発生してもおかしくありません。一日でも早くシステムを導入する必要があります。

広告募集中